スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムの帆船

6月?
ベトナムへ行ってきたのです。
ハロン湾でのんびり一泊しながらの船旅を楽しみました。
今はこんな感じの舟は無いのですが、大きな帆が風をとらえてのんびりと進む感じがいいなぁ~と思うのです。

IMGP7169.jpg

小さな枠の中に閉じ込めてしまったのでチョッと窮屈そうですが...
思いはギュッと濃縮して閉じ込めておくのが良いかもです!?


IMGP7216.jpg

スポンサーサイト

アザミのペンダントトップ

仕事の現場近くで見つけたアザミの花
とても過酷な現場だったのですが、暑い日差しの下ムラサキの細かく無数の花びらをピンと突っ張ってこれでもか!というくらい元気に咲いていました!
この子を描きたくなりました。

IMGP6913.jpg

本物が一番なのは解っていますが...
そのうち本物に負けないような表現が出来ればと思うのです。

IMGP7183.jpg

本とはね。
花の上にミツバチを止まらせたかったのです。
アザミの写真を撮っていたときも、ミツバチが盛んに花の蜜をついばんでいました。
ただ...このサイズだと、ごみが付いてるくらいにしか見えなくて...

IMGP7205.jpg

光にすかしてみると、素材のステンドグラスがとても素敵です。

shall we dance?

かんころ村のシンボルにもなっている。
カニが一輪のバラをハサミに一緒にダンスをしませんか?とお誘いしているデザインです。

シャルウィダンス1

高さ45mm×幅20mmの枠の中に無理やり収めてしまいましたが、細かさを追求したため、私の技量の限界を超えてしまっていて、なんだか荒い絵柄になってしまいました。
もう少しデザインをシンプルにする必要があるかも?
でも、”shall we dance?”は外せないのです!

シャルウィダンス2

お日様の光のしたでは...
ステンドグラスの素材は透明度の高い生地に、乳白色に青から透明青のラインの入った綺麗なガラスです。
写真で見るとこれはこれでよいのかなぁ~と思うのですが...
完全に素材の良さにサンドブラストで彫った図柄が負けてしまっています。
乳白色はサンドブラストで彫った部分の白の雰囲気と交わってしまっていて...

でも、まあ、写真で見ると中々良い感じです。



アジサイとアマガエル

ステンドグラスのネックレストップの紹介です。
川口 Handmade Parkに出店されていたPico☆Fieldさんにステンドグラスのペンダントトップをいくつか作っていただきました。
デザインは幾つか構想を練っていたのですが少しずつ形になってきたのでご紹介です。

本日は、アジサイとアマガエルです。
このくそ暑い日に...アジサイとアマガエルは何処へ行ってしまったのでしょうか?
なぁ~んて、このテーマが季節はずれになってしまったのは私の怠慢なのですが、まあ、季節はめぐります。

ポチットすると画像が大きくなります。

アジサイとアマガエル1

ステンドグラス素材について、クリアベースに薄いオレンジで最初はなんかチョッとぼんやりしていてどうかな?と思ったのですが、素材的にはかなりいいなぁ~と思いました。
サンドブラストで、刻んだ部分が鮮明に表現されていい感じです。

サンドブラストデザインに付いては、なんとしてもアマガエルを描きたかったのです。でも、アマガエルだけじゃ寂しいのでアジサイの花にしがみつかせてみました。

う~む!
試作を何回も繰り返しやっと此処まで来ました。
でも、アマガエルとアジサイを分けた方がもっとスッキリして良いかも?

アジサイとアマガエル2

明日は何かな?


ホネガイ

トゲトゲが...
なかなか宜しいが、何か足りない。

IMG_7657.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。