スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移り気な性格...

先週、ご近所?
埼玉スタジアムの北に新しく大きなホームセンターが開店しました。
他のホームセンターと比べると値段が安いのでお気に入りなのですが、今一マニアックな物が見あたらなのがチト残念なのです。

話は変わって、命題のモミジ...

タイル素材に彫ってみました。

一つは、ガラスタイル、もう一つは普通のタイル、そしてもう一つは園芸用の植木鉢のコースター?

目的は、説明がかなり必要なのですが...
私的にはレジンフレームの原型作りなのです。

でこんな感じのものが出来上がりました。

IMGP5617.jpg

まずは背景が赤のガラスタイル
ガラスは彫りなれた素材ではあるが、今回の課題は深く彫り上げるのが目的なので、美しくなくてもよいから深くなのです。
目標の深さにったする前にマスキングフィルムが飛んでしまい葉脈の一部が欠落してしまって失敗に終わりました。

つぎは、普通のタイル

IMGP5613.jpg

良い感じに仕上がりました。
表面がガラス状になっていて、その後ろは陶器なので、表面を越えてしまえば比較的簡単に掘り進むことが出来るようです。
目的はレジン枠の型作りなのですが、思った以上に素敵なのでこれはこれでよいなぁ~なんて思えてきたのです。
この線でまた新しいものに取り組みたいと思う今日この頃なのです。

そして、もっと軽量素材のトレー

IMGP5614.jpg

じつは、この子が一番有望な素材なのではと思っています。
今回は葉脈部分が一部欠けてしまい使い物にならなくなってしまいましたが、彫り面が柔らかで、滑らかな仕上がりになっているので素材としては一番よいのではないなかなぁ~と思うのです。
なんせ、堀の深さは4mmくらいかせげましたからね!

IMGP5623.jpg

これはこれで何か新しい作品にならないかなぁ~

移り気なのです...
スポンサーサイト

モミジと埼玉県伝統工芸会館

仕事で車を運転しながら色々考える。
今日のテーマは”モミジ”だった。
紅葉と書いて”もみじ”と読むのは何となく邪道のような気がする。
やっぱり”モミジ”は”紅葉”では何を表そうとしているのかよく解らないではないか!

テーマとなる”もみじ”は紅葉(コウヨウ)した葉っぱである。
レジンでアクセサリーにしても良し、グラスに描いても良しという感じなのである。
しかし、頭の中では鮮やかな色合いの、それがイメージできるのだけれど、いざ創るとなると中々どうして難しそうである。
ただし、実際に作られたものを見たことは有るので作れないわけではなさそうなのだが...
いかんせん、私にはその技術が無い!
無いといっても、経験も無いのだから当たり前といえば当たり前なのだけれども...

なのでこれから始めるのだ!

そんなことを考えながら、お客様の所へ着いて車から降りると足元にモミジの葉っぱが落ちていたのでメモ帳にはさんで持ち帰って来ました。
落ち葉になってしまうとボコボコで乾燥した感じなってしまいますね。
色合いは良いのですが、もう少し瑞々しくないとって感じなのです。


IMGP5603.jpg

この写真のモミジも要素を抽出してみると素敵に見えます。
つぶれてしまっていますが形もソコソコ宜しく、色合いに関してはとても素敵だと思うのです。
縁取りと葉脈は細い黒を入れたいと思うわけなのです。

イメージは完璧なのだけれど???

話は変わって
朝の高速道路で、ナックファイブ(FMラジオ)で埼玉のどこぞでサンドブラストの体験をやるという話がされていた。
聞きそびれた部分も沢山有るのだが、耳に残っているキーワードを頼りに調べてみた。

場所は”埼玉伝統工芸館”開催日は”12月17日から22日”とのこと、体験会みたいなのでシールを貼って軽くブラストして、すりガラスみたいな感じのものを作るのだと思うのですが、やっぱり自分で作るこの世でたった一つのものというのはとても素敵なものだと思うのです!
こういう催し物が開けるってことは素敵なことだと思います。
興味がある方は↓
http://saitamacraft.com/


今ならデザインフェスタのトップページに掲載!

数日前に会社の近所でもみじの葉っぱを拾いノートにはさみ押し葉に...
レジンで固めたらどんな風になるのか?チョッとした好奇心が一つ!
落ち葉というのも不思議なもので、もみじなんかの薄い葉は木に着いている時は葉っぱの形がはっきりしているのですが、地面に落ちてしばらくすると乾燥して丸まって色も褪せてしまいます。
押し葉にして、形を平らにしてレジンで固めたら、色は保たれるのか?チョッと楽しみなのです。

話は変わって
次回のデザインフェスタvol.39出展者紹介に一早く投稿を行いました。
いつもだったら締め切り間際になってしまうのですが、今回は気合が入っています!?
最終的に2000件位の参加者の紹介が乗るのですが、8番目に載せることができました!
多くのアーティストが登録すると隅の方に追いやられてしまいますが、今のところトップページに出るのでなんか得をした気分なのだ!


出展者紹介トップ

紹介ページの画像のデザインも一昨日から無い頭をひねってインパクトのあるものをと考えてみたのですが...私としてはかんころ村のイメージに合ったデザインになったかなぁ~と思っています。
まだまだ先の話ではありますが、やりたいことは山のように有るのです。

淡い色合いのブロンド

ガラスに色を付けて表現するにも色々な手法があるのです。
色々考えていると、色んな事が頭の中を通り過ぎる...
通り過ぎてしまっては困るのだが...
これは、コップに淡い色を付けてからサンドブラストで研磨して上からクリアコートしたものです。
デザイン的に細い線が多くて、折角の背景色が見えなくなってしまいました。
このような淡い色使いだともっと彫らない面積が多いデザインでないと今一ですね!

IMGP5535.jpg

でも、よいところも沢山見つけました。

IMGP5530.jpg

それは、他の技法にはまねの出来ないチョッと神秘的な色合いが出てるのではと思うのです。
見方次第ですが...

デザインフェスタvol39

今日は次のデザインフェスタの当選発表の日だったのです。
次回はのんびりお客さんとして、色々見て周りたいなぁ~という思いもあったのですが...
”ブースをご用意する事が出来ました。”ってメールが来ました!

また、試練の日々が続きますがこれもまた楽しいもので...

あれや、これや、創造するのはこの時期から始めないとなのです。

2頭のアサギマダラ

早くも師走に...
デザインフェスタが終わって一息というわけではないのだけれど、何となく日々をすごしていたら早いものでもう12月...
色付き作品の構想は色々あるのですが、何となくズルズルと時間が過ぎていくのです...

切り絵に淡い色合いの色付け作品を考えていたのです。
これは、次回のデザインフェスタへ向けてのテーマの一つで、それまでに何とか完成させようと思っているのです。

見た目は、はっきり言ってよろしくないのだけれど、途中で何度か断念しかけたのですがこうして出来上がってみると中々どうして、いやチョッと何は有るけど影絵調試作品の第一号としては、良い感じです。
この後どう改良していくかが問題なのです。楽しみ~

IMGP5529.jpg

並行して作成したもう一つの作品、上のものと何が違うのか?
上の作品の黒色の部分はスプレー缶の水性アクリル塗料を使っています。
下のものは、食器にも使える塗料を使ったものです。
違いは?
フレームになる黒色の部分を綺麗に塗れたのは水性アクリル塗料で、こちらは彫りの時もス~っと彫れてくれるので作業性がとても良いのです。しかし下のものは、素直に彫れてくれないのでバックの塗料の乗っていた部分がカタガタになってしまいました。

IMGP5528.jpg

さて、どちらの黒を基本に作業を進めていくか?
結論を出すための比較だったのだけれど、決着が付かずって感じです。
困ったもんだ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。